FC2ブログ

記事一覧

20170813 ザッペイ合宿

前日の土曜日にステム交換。
発注していたARX TEAMが間に合った。
これでようやく、フィッティングのポジションが出せた。

が、ステム交換のために外したレックマウントがくっつかない。
ネジのかかりが浅くて、前からギリギリでかかっていたのが、ネジ穴部分が摩耗して、かからなくなってしまった。
もっと長いネジが必要。
レックマウントに問い合わせたら、仕様変更でステムみたいにワザとスキマが開くようにした、というお返事。
(´ε`;)ウーン…。
言っていることは分かるけど、それでも広すぎ。
ネジのかかりが浅すぎて、ネジの長さと隙間が合ってない。
新しいネジ買わないと…。
急場しのぎにドマーネから以前の仕様のものを外してカーボネックスに搭載。

合宿は冬と同じスタイル。
集合して走ってから宿舎移動して飲み会、翌朝撤収。
コースは富士山一周に富士スカイラインの登りを加えた120km3000mアップ。
参加者は…たぶん15人。
ザッペイからは隊長、イナバさん、カゼトバ兄さん、アオキさん、イグチさん、ヒロさん、クン掘、鹿さん、マツさん、べっちさん、ハガさん、MATさん、まるたいさん、ワタシ。
EMHからゲストにTさんとマキさん。

ワタシは集合場所までヒロさんのクルマに乗せていただいた。
家のそばに4時に迎えに来ていただいて、6時20分には道の駅かつやま着。
集合時間は8時なので…ちょっと早すぎた。

天気は曇。
この後雨が降るのか、それともこのまま持つのか、天気予報によって違う。
2組に分かれて出発。
ワタシは後ろのほう。
前のほうはドンパチやってたけど、後ろの組は平和。
スカイラインがひたすら長いと聞いていたので、ワタシも自分から仕掛けたりはせず、ここは温存。

一旦ミルクランドで合流。
スカイラインまでのラストのコンビニ移動して補給。
すると、山を降りてきた家族連れのお父さんが笑顔で話しかけてきた。
「山は土砂降りだよ」
…( ´_ゝ`) フーン
教えてもらってもね。
ここで引き返すわけにもいかないしね。
山の天気は変わりやすいし、コンビニでは降ってなかったしね。

コンビニを出発して、すぐ雨が降ってきて、それが次第に強くなってなる。
そのまましっかり降られて、スカイラインのスタート地点についたときには、全員ずぶ濡れ。
この雨でザッペイ軍団のモチベ急降下。
スカイラインを登る組と迂回する組に分かれた。
スカイラインを登ろうというのはマツさん、アオキさん、イグチさん、べっちさん、ワタシの5人。
ワタシ以外、全員富士ヒルシルバーじゃん。
山が得意な人たちだ。
…ま、遅くてもいいさ、せっかく来たんだし。

登り始めてすぐマツさんとアオキさんが先行。
その後ろをイグチさん、少し遅れてワタシとべっちさん。
やがて序盤のドンパチで脚を使い切っていたべっちさんが遅れ、ワタシはイグチさんに追いついてツキイチ。
道の左側に距離表示が出ているけれど、登り始めと距離がずれていて目安にできない。

雨は時折勢いが弱まることはあるけど、ずっと土砂降り。
今までチャリ乗って降られた雨の中で一番。
この日はコンタクトにアイウェアをしていたけど、雨がひどくてアイウェアをしていると全く前が見えない。
眼鏡で来なくてよかった。

半分ほど過ぎたところで、イグチさんが後ろのワタシに一言。
「今日は旧料金所までっすね」
…やっぱ上まで行くつもりだったんだ、この人わ。
その直後、じわっとペースアップ。
これについていけずに千切れる。
後はひたすらペースを守って、料金所まで。

全員合流してから、御殿場側に下る。
それにしてもウィンブレを持ってこなかったのは大失敗。
寒いし、豪雨だし、雹みたいなのも降ってくるし、前は見えないし、ブレーキは効かないし、握力はなくなるし、道も良くないし。

下りきったところで、道の駅ふじおやまにクルマを止めているマツさんとイグチさん離脱。
3人になった我々、あまりの雨に途中雨宿り。
しかし一向に回復しない空。
諦めて雨の中を走り出すと、道の駅すばしりの手前で偶然迂回組と合流。

すばしりにピットインした時には50ミリを超える豪雨。
しばらく雨宿りしていたけど、回復の兆しさえない。
背中に入れていたほとんどのものが浸水して、1000円札はびしょ濡れ。
自販機で使えないw
携帯だけは替えのタイヤのビニール袋に押し込んでいたので無事。
道の駅かつやままで後約25km地点。

腹くくって、隊長を先頭に出発。
すばしりからは籠坂峠を超えて、山中湖の西側を通っていく。
あまりの天候に、「遅れたらもう待たないから、そうなったら各自で」
…これは千切れてはならぬ。

籠坂峠ではイナバさんを先頭に、隊長、アオキさん、EMHのTさん、マキさん、ワタシの6名集団。
やがて前3人が徐々に先行して、少し遅れてTさん、そこから少し遅れてマキさんとワタシ。
でも視界にとどめておければ、峠を超えた後の平坦で追いつけるはず。

ところがTeam Bianchiの人たちが後ろからきて、状況が変わった。
先行の3人がビアンキメンの先頭の方とジョイン、差が開き始める。
このまま行かれてしまうのはまずい。

ちょうど後ろからさらにビアンキメン3人が追いついてきた。
この3人も先に行かせようとしてみたけど、意外と差が開かない。
…もしかしたらついていけるかもしれない。
試しにビアンキ列車のケツに貼り付いてみると、ついていくだけなら何とかなる。

この列車にタダ乗りし、マキさん、Tさん、イナバさん、アオキさんの4人をパスして、籠坂峠をクリア。
正直、ついていけたことにも、皆さんの前に出れたことにも驚いた。
ツキイチでも、昔はンなことできなかったはず。

籠坂を登りきったら、隊長が何故か右に曲がっていく。
道を聞いたときに、何度も左だって確認したのに…。
…も~何でよ。
仕方なく隊長の後を追う。
下りはブレーキが効かないので、ムリにブレーキしないで下って、そしたら隊長の前に出てしまった。

山中湖まで下った後は、とにかく早く戻りたくて、全開で踏んだ。
するとイナバさん、Tさん、マキさんの3人に追いついた。
峠で右に曲がって遠回りしたせいで、前後が入れ替わってしまった。
後はそこそこ交通量もあるし、道路も冠水していたりするところあるしで、気をつけてゆっくり。

ライドの後は買い出しに行ってBBQ。
ベロベロに酔っ払って、思ってたことを語ってしまった。
面倒な絡み酒で申し訳なかったけど、皆さんの意見が聞けてよかった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsutomu Chonan

Author:Tsutomu Chonan
アラフォーおじさんサイクリスト。
Zwifter

愛車:
TREK DOMANE4.3 (2013)
YONEX CARBONEX HR

戦績:
29. 富士ヒル2019
1:07:09.40 年代別24位

28. 大磯クリテ第6戦
チームTT 2位🥈
エリート 15位

27. 大磯クリテ第5戦
エリート DNF

26. TOKYOエンデューロ 2019 in 彩湖
1hソロ 6位

25. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 9位

24. 大磯クリテ第3戦
エキスパート 2位🥈

23. 大磯クリテ第2戦
チームTT 優勝🥇
エキスパート DNF(落車)

22. 大磯クリテ第1戦
ミディアム 2位🥈

21. 宮ヶ瀬クリテ第1戦
ミディアム 13位

20. 富士ヒル2018
1:10:22.50 年代別52位

19. みんなのタイムトライアルジャパン 3rd stage
セミクラシックTT男子 11位

18. もてぎサイクルマラソン
DNF(落車)

17. 大磯クリテ第3戦
スポーツ2組目 2位🥈

16. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 5位

15. 大磯クリテ第2戦
スポーツ2組目 DNF(落車)

14. はやま南郷ヒルクライムスプリント2017
準々決勝敗退

13. 第12回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 2位🥈

12. ビルクライム2017
55位

11. 秋のしもふさクリテ
ビギナーI 6位
ビギナー決勝ラウンド 15位

10. 富士チャレ2017
ソロ100 33位

9. 第2回Super Cycle Enduro in 下総
3hソロ 11位

8. そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017
ビギナーI 16位
ビギナー決勝ラウンド 22位

7. 宮ヶ瀬クリテ
ビギナー2組目 2位🥈

6. 第11回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 24位

5. 富士ヒル2017
1:17:26.06 年代別171位

4. 第1回 フクアリクリテ
スポーツ 11位

3. 大磯クリテ第6戦
ビギナー2組目 3位🥉

2. はやま南郷ヒルクライムスプリント2016
準々決勝敗退

1. 富士ヒル2016
1:24:13.91 年代別243位