FC2ブログ

記事一覧

20170918 しもふさクリテ

台風18号の動き次第で、中止になる可能性があって、当日5時半に開催の可否が発表されることになっていた。
前日夜の時点ではほぼそれることが分かっていたけど、土曜の時点では判断つかない。
前日は雨だから、土曜の時点でバイクだけは整備しておかないと。

問題のFメカを見てもらいにペダリストさんへ。
ワイヤーが切れていると信じていたけど、ワイヤーは無事で、原因はFメカの固着。
マジか…。
Fメカ固着って2度目。
砂か汗だろうということだったけど、家でなったから汗だろうな(;´∀`)
Fメカを洗浄してもらって、ついでにチェーンも洗浄してもらって、準備OK。

ホントのこと言うと、しもふさは台風で中止になったらいいなと思ってた。
最近、レースのモチベーションだだ下がり中。
練習に身が入らないということはないけど、なんかレースする気分じゃなかった。
でもどうやら開催されそうなので、前夜バイクをパッキング。

6時半起床。
前回のエンデューロ同様、滑河駅まで輪行。
受付を終えたら、朝イチでエンデューロに出ていたヒロさんと合流。
午前中は風が強くて大変だったみたい。
ほどなくスポーツに参戦するアオキさんとも合流。

会場に来ても、まだヤル気が出てこない。
アオキさんと一緒に試走に出る。
路面状況はナカナカいい。
完全にドライで、泥だの枝だのといった障害物もほぼ無い。
インターバルがかかるポイントをアオキさんに聞いてチェキしておく。

試走で心拍を上げておきたかったので、最後の坂でダッシュしたけど、170bpmを超えることなく終了。
あらかじめ心拍を上げておくと、あとが調子良い気がするんだけど、うまく行かなかった。
ヤル気ないけど、ベストは尽くす。

ビギナーIIの1組目がスタートラインに並ぶと同時に場所取りに動く。
周りは皆速そう。
2組目が終わって、自分もスタートラインに移動。
最前列に並ぶ。
この辺りからちょっとヤル気出てきた。

ビギナーIは8周約12km。
かなり速いけど、ついていけないほどじゃない。
1周目と2周目がキモで、そこで千切れなければ、一旦ペースが落ち着くだろうなと思っていた。
ラップクリップで見ると、その前のビギナーIIとかもそうだったので。

序盤はかなり密集している。
斜行も結構あって神経使う。
それと前回のエンデューロと違って高速なので、コーナーでうまくラインキープ出来ない。
アウト側に膨らんでいく。
これは明らかにステムを長くしたせいだと思われる。
ハンドルを動かす量と舵角が直感と一致してなくて、どアンダー。

だんだん集団は人数を減らして、あとで聞いたら10人以下になっていたみたい。
残り3周、マトリックスがドカンと上げてきた。
集団からこれについていけたのは1人。
なので、マトリックスの選手たちがちょっと緩める。
…ぐぬぬ。

残り2周、マトリックス再びペースアップ。
やはりついていったのは1人。
今度はもう待ってくれなさそう。
集団から1人か2人飛び出して前を追っていったけど、ワタシは一杯で前を追えない。

最終周、先頭を引いていた中学生だか高校生だかが、苛立たしげに早く変わってくれと合図。
でもワタシの前の人は変わってあげない。
そこでワタシが前に出て追ってみたら、集団から飛び出してしまった。
…(・д・)チッ
下りで集団に戻ったら、集団最後尾になってしまった。

そのままポジションをうまく上げられずに登りのスプリントに差し掛かる。
下ハンでもがいて2人交わし、何とか入賞圏内の6位に滑り込んだ。
最大心拍は185bpmで今年の最高タイ。

決勝ラウンドはビギナーの各組上位10人、合計30人。
西日がキツくて暑い。
ショートコースを5周、マトリックスは不在。
ショートコースは予選のコースを短縮したコースで、一周約1km。
新たに逆バンクのヘアピンコーナーが追加になり、ここのアウト側は相当滑るという話を聞いていた。
なので1周目は慎重に。

序盤から結構なペースだけど、予選よりは楽。
予選で一度心拍が上がってたのと、実際に強度も低かったのが理由だろうな。

2周目に問題のヘアピンで落車。
前の方の落車だったけど、アウト側だったので、イン側にいたワタシには影響なし。
ワタシはとにかく、ビギナーIの予選でマトリックスについていった、カラーズの方をマーク。
カラダが大きいので、番手に付けていると楽だし。
3周目だったか4周目だったか、ゴールラインを越えたあたりで、1人飛び出して逃げていく。
集団に声をかけてみたけど、誰も追わない。
なのでワタシも見送ってしまった。

ラストの周回、カラーズの方をぴったりマークして、徐々に先頭に上がっていく。
下りでアタックした人がいたけど、サスガに逃がさない。
このアタックした人が集団先頭、カラーズさんが右のアウト側、ワタシが左のイン側で最終のヘアピンコーナーに突入。
ワタシは集団3番手。

キタコレ、こ~りゃもらった、表彰台はイタダキだ!
余計な雑念がアタマをよぎる。
ヘアピンからの登りスプリント、減速してからのインターバルだし、距離も短い。
全力でかましたら、少なくともかわされることは無いはず。
先頭は交わせそうだから、2位は固い。
このとき1人逃げてたことはアタマからすっ飛んでた。

しかし好事魔多し。
先頭の方が逆バンクにフロントを取られたか、立て直そうと逆ハンドルを切って落車。
落車といっても、バランスを崩して脚を付いちゃっただけなのだけど、これがワタシの目の前( ´Д`)=3
ワタシはブレーキを踏んで、イン側から回避。
何とか追突は免れるも、万事休す。
レースは終了。
後は抜かれるがままに流して15位。
予選よりも内容的には良かったので、まあ満足かな。

スポーツ決勝の後、アオキさんと一緒にタグを返しに行って、ヒロさんの落とし物と予選6位の賞状・賞品を受け取る。
賞品はワコーズのハンドクリームとメイタンの電解質パウダー。
ハンドクリームは大磯、宮ヶ瀬に続いてこれで3本目。
増殖中。

とりあえず、そでがうらでマトリックスに全くついていけなかった、あのときの悪夢は払拭できた。
全然気乗りしなかったレースだったけど、やっぱ来てよかった。
そこそこいい感触つかめた。
これをもって、勝手にスポーツIIに昇格しよ。

帰りはアオキさんと成田駅まで一緒。
成田駅についてから、電車が30分も来ない。
これなら滑河で一時間に一本の電車を待っても同じだったな…。
やっと乗ったと思ったら、今度は横須賀線が止まる。
京浜東北線のトラブルで、どうして横須賀線と東海道線が止まるんだか。
なんとか武蔵小杉まで動いたので、そこから東横線に乗り換えて帰宅。

途中、電車でワイズの方と一緒になった。
スポーツIでエントリーされていて、実業団でも走っているそうだ。
大磯とかでまたお会いすることになるやも。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsutomu Chonan

Author:Tsutomu Chonan
アラフォーおじさんサイクリスト。
Zwifter

愛車:
TREK DOMANE4.3 (2013)
YONEX CARBONEX HR

戦績:
29. 富士ヒル2019
1:07:09.40 年代別24位

28. 大磯クリテ第6戦
チームTT 2位🥈
エリート 15位

27. 大磯クリテ第5戦
エリート DNF

26. TOKYOエンデューロ 2019 in 彩湖
1hソロ 6位

25. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 9位

24. 大磯クリテ第3戦
エキスパート 2位🥈

23. 大磯クリテ第2戦
チームTT 優勝🥇
エキスパート DNF(落車)

22. 大磯クリテ第1戦
ミディアム 2位🥈

21. 宮ヶ瀬クリテ第1戦
ミディアム 13位

20. 富士ヒル2018
1:10:22.50 年代別52位

19. みんなのタイムトライアルジャパン 3rd stage
セミクラシックTT男子 11位

18. もてぎサイクルマラソン
DNF(落車)

17. 大磯クリテ第3戦
スポーツ2組目 2位🥈

16. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 5位

15. 大磯クリテ第2戦
スポーツ2組目 DNF(落車)

14. はやま南郷ヒルクライムスプリント2017
準々決勝敗退

13. 第12回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 2位🥈

12. ビルクライム2017
55位

11. 秋のしもふさクリテ
ビギナーI 6位
ビギナー決勝ラウンド 15位

10. 富士チャレ2017
ソロ100 33位

9. 第2回Super Cycle Enduro in 下総
3hソロ 11位

8. そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017
ビギナーI 16位
ビギナー決勝ラウンド 22位

7. 宮ヶ瀬クリテ
ビギナー2組目 2位🥈

6. 第11回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 24位

5. 富士ヒル2017
1:17:26.06 年代別171位

4. 第1回 フクアリクリテ
スポーツ 11位

3. 大磯クリテ第6戦
ビギナー2組目 3位🥉

2. はやま南郷ヒルクライムスプリント2016
準々決勝敗退

1. 富士ヒル2016
1:24:13.91 年代別243位