FC2ブログ

記事一覧

20170929 ビルクライム2017

舞台は東京台場。
コースはダイバーシティの立体駐車場、1階から7階まで。
ビルの外にせり出した部分で1階から4階まで、そこから7階までは駐車場内を登る。
1階から4階までにヘアピン1つ、ビルに入る部分が緩いシケインになっていて、ビルに入ってから90度のコーナーが隣接するヘアピン3つ。

今まで出たレースの中で最短、400m。
南郷より短い。
試走一本、予選一本、勝ち上がれれば決勝一本。
1分弱の全力ダッシュ。

平日夜の開催で受付は18:20まで。
近いとはいえ、就業時間考えるとその時間までに移動するのは不可能。
午後半休とって、昼過ぎに家に戻って、バイクをパッキングして、輪行。

チームからは3人参加の予定が、隊長とウルさんはお仕事でDNS。
残念。
そして責任重大。

台場についた後、駐車場の参加者用入り口がわからずウロウロ。
ガンダムの立像があって、写真を撮っている人多数。

受付は会場7階。
駐車場の1階から7階まで歩いて登る。
駐車場は入場用と退場用のルートが用意されていて、レースは入場用のルート、歩く場所は退場用のルート。
退場用のルートはレースコースの真下なので、登るルートを想像しつつ。
おもったより斜度の変化が多いっぽい。
ドローンが飛んでいて、ゲートの作りとかゲストとか見ても、オカネかかってそう。

ゲリラ豪雨のタカマツさん、カゼトバ兄さんと合流。
受付を済ませて、モニターでキッズとかe-Bikeのレースを見る。
スタートからゴールまでが近くて、なにが起きているのかもわかりやすいのがいい。
応援に来てくれたMATさん、マキさん、チェレステさん、スガサワラさんのサイコ練メンバー含む、ReVeloの皆さんともご挨拶。
レース前に会場内のレッドブルガールからレッドブルをもらって、カフェインチャージ。

試走時間になったので、マキさんとともに1階へ歩いて下る。
チャリに乗っての移動は禁止なので、クリートがガリガリ削れる。
試走から本番ライクに2名同時スタート、サドルを支えてくれるし、スタートのタイミングも管理されていた。
そこで本番に近いパワーで登ることにした。
ギアは悩んだけどアウター。
スタートは52-23Tに落としておき、軽かったら上げるつもりで。

試走で分かったのは、フルパワーでペダリングしながらだと、第一コーナーが曲がりきれないこと。
突っ込みすぎてブレーキを踏んだ。
ライン取りの上手い下手ではなく、ここはペダリングを緩めるか、ブレーキを踏むか、どっちかしかない。
ワタシのバイク、こういう細かいコーナーの処理がニガテなんだよな。

減速したからかもしれないけど、コーナー立ち上がってからギアが重くて、1つ落とす。
52-25T。
一番斜度がキツいのが、このコーナーから4階の入り口までだと思う。
ビルに入ってからはコーナーと登りが交互に出てくる。
速度が上げづらくて、コーナー処理のほうがパワーより大事っぽい。
伴走者に前に出られてしまうと、ラインの自由度がかなり奪われそう。

アイウェア要らない。
短いし、40km/hも届かないので、必要ない。
むしろ夜なので、視界が暗くなって、路面が見づらいのに拍車がかかる。
するならクリアレンズ。

本番は最初から52-25Tで行く。
チェレステ氏に誘われたので、ReVeloの面々とともに列に並ぶ。
今年はゼッケンナンバー順ではなく、並んだ順での出走。
もしやと思っていたら、ワタシの伴走者はよりにもよってチェレステ氏。
しかもワタシはコース向かって左側レーン。
第一コーナーに対してアウト側から入る。
チェレステ氏のパワー、そして最近の体重減を考えると、先行を許してしまう可能性が高い。
…マズイ、どうしよう。

作戦がまとまらないまま、いざスタート。
支えてもらいながらクリートをはめるのに手こずり、ちょっとバランスを崩しかかったけど、問題なくスタート出来た。
スタート直後は予想通りチェレステ氏がワタシの半車身前。
ここからすぐに横に並ぶことが出来て、第一コーナーでアタマを取れた。

コーナーでは脚を止めないことを意識して、その分ライン取りが膨らむのは仕方ない、という戦略。
これは結果的には失敗だったかな。

5階だったか6階だったかで前走者に追いついてしまう。
1分くらいで走る選手たちだけなら追いつかないけど、いろいろな参加者がいるから仕方ない。
インをつくための減速を嫌って、アウト側から。

タイムは55秒89。
予選通過タイムは54秒51なので、1秒以上届いてない。
兄さん、MATさん、デゲ姐さん、べっちさん、ニコ動で応援してくれたチーム皆さんのご期待に沿えず、残念。

ゲリラ豪雨のタカマツさんは53秒台で決勝進出、マキさんは0.01秒届かず惜しくも敗退、スガサワラさんも54秒台。
隊長の去年のタイムにもわずかに及ばず。
…むーん。
チェレステ氏とは直接対決で勝てたけど…。
決勝で雑兵ジャージをアピりたかったなあ。

決勝の2人目が47秒台という衝撃的なタイム。
バイクはTCR SLR、アルミのフレームに年季の入った105がくっついていた。
ホイールはDTのR460にパワータップ組。
1本目は予選通過ギリギリのタイムだったけど、ペダルが外れたせいらしい。
この日、セカンドベストが49秒台、サードベストは50秒フラットだったはず。
…速いやつがいるもんだ。

決勝に残った選手を見ていると、途中でギアチェンジしている感じ。
もがける区間は序盤なので、1つ目のヘアピンか、ビルに入るまでは重たいギアでもがいてから、ギアを落としたほうがタイムが伸ばせるってことかな。
ビルの中は狭くて、ギアチェンジのメリットは無さそうだけど。

コースがテクニカルなせいか、単独落車も目についた。
4回だったか。
最初のヘアピンとビルの中で2回ずつ。

23時頃撤収。
帰りは自走。
同じく自走のマキさんに豊洲経由で第一京浜まで引いてもらった。
第一京浜、銀座と品川、タクシーだらけ。
自転車走行レーンがタクシーレーンになっている。

荷物を背負っているのに、かなり踏めた。
40km/h前後で踏んでいける。
エネルギーと水分の枯渇を心配したけど、家まで同じペースで帰れた。

家の近くのKOM持ってるセグメントで踏んだら、1秒落ちのセカンドベストが出た。
KOMはかなり風の力を借りたような記憶。
今日はリュックを背負ってたし、レース帰りだったことを考えれば、もう少し縮まるか。

ビルクライム、このまま定着してくれるといいな。
楽しかった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsutomu Chonan

Author:Tsutomu Chonan
アラフォーおじさんサイクリスト。
Zwifter

愛車:
TREK DOMANE4.3 (2013)
YONEX CARBONEX HR

戦績:
29. 富士ヒル2019
1:07:09.40 年代別24位

28. 大磯クリテ第6戦
チームTT 2位🥈
エリート 15位

27. 大磯クリテ第5戦
エリート DNF

26. TOKYOエンデューロ 2019 in 彩湖
1hソロ 6位

25. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 9位

24. 大磯クリテ第3戦
エキスパート 2位🥈

23. 大磯クリテ第2戦
チームTT 優勝🥇
エキスパート DNF(落車)

22. 大磯クリテ第1戦
ミディアム 2位🥈

21. 宮ヶ瀬クリテ第1戦
ミディアム 13位

20. 富士ヒル2018
1:10:22.50 年代別52位

19. みんなのタイムトライアルジャパン 3rd stage
セミクラシックTT男子 11位

18. もてぎサイクルマラソン
DNF(落車)

17. 大磯クリテ第3戦
スポーツ2組目 2位🥈

16. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 5位

15. 大磯クリテ第2戦
スポーツ2組目 DNF(落車)

14. はやま南郷ヒルクライムスプリント2017
準々決勝敗退

13. 第12回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 2位🥈

12. ビルクライム2017
55位

11. 秋のしもふさクリテ
ビギナーI 6位
ビギナー決勝ラウンド 15位

10. 富士チャレ2017
ソロ100 33位

9. 第2回Super Cycle Enduro in 下総
3hソロ 11位

8. そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017
ビギナーI 16位
ビギナー決勝ラウンド 22位

7. 宮ヶ瀬クリテ
ビギナー2組目 2位🥈

6. 第11回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 24位

5. 富士ヒル2017
1:17:26.06 年代別171位

4. 第1回 フクアリクリテ
スポーツ 11位

3. 大磯クリテ第6戦
ビギナー2組目 3位🥉

2. はやま南郷ヒルクライムスプリント2016
準々決勝敗退

1. 富士ヒル2016
1:24:13.91 年代別243位