FC2ブログ

記事一覧

20180429 ザッペイ練

73.80。

雑兵、100miles、GOCHIの皆さんで富士ヒルの試走。
9:30に北麓駐車場集合。

ワタシは輪行で富士山駅まで。
5時半に家を出た。
八王子までは良かったけど、中央本線と富士急はかなり混んでいて疲労。
8時半過ぎに富士山駅着。
途中、セブンで軽量化して、皆さんと合流。
荷物はサポートカーを出してくださったバス兄に預かっていただいた。

スタートは時間差で。
料金所入ってから、ブロンズ、シルバー、ゴールドで、申告順のざっくりした組分け。

ワタシはシルバー狙いのパック。
100milesのタマちゃんさん、GOCHIのKAI君、マツ兄、イグチさん、ボーリーさん、すたんとんさん、カゼトバ兄さんと一緒にスタート。
タマちゃんさんは最近のヤビツではちと分が悪いし、KAI君にはタイム的に及ばない。
マツさん、イグチさんもワタシより明らかに格上。
すたんとんさんは調子次第だけど、好調なら間違いなくついていけない。

なのでとりあえずどういう集団になるか見極めた上で、そこについていくことが目標。
スタートはマツさん先頭。
すぐに、タマちゃんさんとKAI君、イグチさんは消えていって、ザッペイ5人の山岳トレイン。
マツ兄、ボーリーさん、ワタシ、カゼトバ兄さん、すたんとんさんという並び。

しばらくするとマツ兄が少しずつ先行、残り4人を引き離していく。
ワタシは前に出られない。
これ以上はムリ、内転筋が痛い。
これってアップが足りてないってことだろうか?
どっちにしても、ボーリーさんにツキイチしている状態で、すでにオーバーペース。
ただ集団からドロップしてしまうと、ロスのほうが大きそうなので、ムリしてついていく。

1合目の看板あたりだったか、GOCHIのRYOさんがすさまじいペースで抜いていく。
思わず「冗談だろ」って言っちゃったくらい、速い。
同じ斜度を走っているように見えない。

ボーリーさんが引いてくれた後、前に出てくれたのが、すたんとんさん。
マツ兄との距離を少しずつ詰めていく。
このペースも結構キツくて、全然余裕ない。
再びボーリーさんが先頭に変わったところで、信号でマツさんがストップ、追いついた。
このときにはすでにカゼトバ兄さんは千切れていて、ザッペイトレインは4人。

信号からはマツさんが牽引。
マツさん、ボーリーさん、ワタシ、すたんとんさんという並び。
ワタシは少しずつ内転筋の痛みが消えて脚が動き出し、キツいながらどうにかマツさんにぶら下がっている。

やがてボーリーさんが疲れてきたようで、ときどきマツさんと車間を開けちゃっている。
ワタシのフロントとボーリーさんのリアが重なってしまう。
申し訳ない。

何時前に出ようかなと思っていたら、ボーリーさんに促されたので、ワタシがマツさんの後ろに付ける。
後ろではすたんとん氏がやたら苦しそう。
もはや死に体。

ずっとマツさんに食らいついていこうと思ったけど、残り8kmくらいの時点だったか、マツさんのパワーが落ちてきたと確信した。
数値は分からないけど、気のせいじゃない、明らかにさっきより脚の負担が減って、ラクになってる。
そりゃそうだ、いかな鉄人とはいえ、もともと怪我からの復帰中、今日は神奈川からここまで自走、下からもずっと先頭固定、疲れがないはずない。
本来はラストの平坦だけ機関車やろうと思ってたけど、ちょうど斜度下がっている。
それならワタシが交代しよう。
仮に短い間しか引けなくても、少しは助けになるはず。
ちょうどイナバさんもMATさんもいるから、ちゃんと引きました、というアリバイ作りも出来るし、最後だけって後で言われずに済むだろうか。

ごちゃごちゃ考えて前に出る。
風が嫌なので、緩斜面では下ハンポジション。
皆、あんまり下ハン持ってなかったけど、3合目以降は結構下ハン有効だと思う。
緩斜面で速度乗せて、斜度が上がったらムリしないように。
路肩の残り距離を見て、500m、1000mと数える。

引けるだけ引くつもりだったのが、ふと気づいたときには後ろがいなかった。
しまった、牽引役になるはずが、集団から抜け出してしまった。
5km以上を残して単独走。
ここからが集団効果が大きいはずの区間なのに。
でも今更、後ろを待ってられるかい。

なので前を追いかける。
そういやブロンズ組をまだ回収し終わってないぞ。
隊長はどこ行った?

前を追いかけていたら、やがて赤ザッペイの後ろ姿を視界に捉えた。
メットは白のバリスタ、あれはノリスケさんだ。
本来の実力じゃ相手にならないけど、ノリスケさんも今日は自走だからか、わずかずつだけど差は縮んでいるようだ。

ノリスケさんを目標に最後の平坦に入る。
45km/hくらい出したいと思いつつ、もうかなり力を使っていて、去年のように追い風でもないので、大したスピードが出ない。
アウターで踏んでるのに、40km/hすら。
ダメだ、ノリスケさんには届かなそうだ。

3つ目のトンネルの手前から最後の登りが始まる。
ここで懸念してたとおり失速、インナーに落として、でも踏み抜けずにゴール。
手元の計算では73分台か、あるいは74分台。

荷物を回収させてもらって、集合写真撮っていただいて、解散。
ペダリストのワタナベさんと遭遇、下りでオキタクアニキとすれ違う。
下ってからガストで飯食って、富士山駅から輪行。

帰りの電車も富士急は混んでた。
それから大月から八王子までの中央本線も電車が混んでるし、横浜線もそれなりに。
片道2時間半以上、料金2,500円はカラダにもおサイフにも厳しい。

タイムは富士ヒルクライムのセグメントで1時間23分orz
これは最初のストップ時間が入っちゃったため。
Edge500のGPSは精度がよろしくない。
実際の移動時間は1:12:58。
このまま行けば、シルバーには手が届きそうだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsutomu Chonan

Author:Tsutomu Chonan
アラフォーおじさんサイクリスト。
Zwifter

愛車:
TREK DOMANE4.3 (2013)
YONEX CARBONEX HR

戦績:
29. 富士ヒル2019
1:07:09.40 年代別24位

28. 大磯クリテ第6戦
チームTT 2位🥈
エリート 15位

27. 大磯クリテ第5戦
エリート DNF

26. TOKYOエンデューロ 2019 in 彩湖
1hソロ 6位

25. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 9位

24. 大磯クリテ第3戦
エキスパート 2位🥈

23. 大磯クリテ第2戦
チームTT 優勝🥇
エキスパート DNF(落車)

22. 大磯クリテ第1戦
ミディアム 2位🥈

21. 宮ヶ瀬クリテ第1戦
ミディアム 13位

20. 富士ヒル2018
1:10:22.50 年代別52位

19. みんなのタイムトライアルジャパン 3rd stage
セミクラシックTT男子 11位

18. もてぎサイクルマラソン
DNF(落車)

17. 大磯クリテ第3戦
スポーツ2組目 2位🥈

16. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 5位

15. 大磯クリテ第2戦
スポーツ2組目 DNF(落車)

14. はやま南郷ヒルクライムスプリント2017
準々決勝敗退

13. 第12回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 2位🥈

12. ビルクライム2017
55位

11. 秋のしもふさクリテ
ビギナーI 6位
ビギナー決勝ラウンド 15位

10. 富士チャレ2017
ソロ100 33位

9. 第2回Super Cycle Enduro in 下総
3hソロ 11位

8. そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017
ビギナーI 16位
ビギナー決勝ラウンド 22位

7. 宮ヶ瀬クリテ
ビギナー2組目 2位🥈

6. 第11回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 24位

5. 富士ヒル2017
1:17:26.06 年代別171位

4. 第1回 フクアリクリテ
スポーツ 11位

3. 大磯クリテ第6戦
ビギナー2組目 3位🥉

2. はやま南郷ヒルクライムスプリント2016
準々決勝敗退

1. 富士ヒル2016
1:24:13.91 年代別243位