FC2ブログ

記事一覧

20190630 ローラー練

71.05kg。

今日もどうやら天気がよろしくないようで、Zwiftでレース。
OH明け以外、外で走ってない。

お昼食べて、一発目のレース。
リッチモンド3周。
以前、このコース走ったことがあったけど、そのときは1周だけ。
最近はとんとご無沙汰。
坂が全く無いんで、アタックとかなさそう。

エントリーが50人くらいいて、先頭は20人くらい。
Zwiftレースの先頭集団って、いつも大体20人くらいな気がする。
途中、一人飛び出した場面もあったけど、ど平坦なので集団を引き離せない。

2周目の後半、ストレートに入るところで、全体ペースアップ。
ワタシはタイミング悪く、ちょうど後ろに下がったときで、300Wでも前に行けない、変だなー、なんてのんきなことを考えていた。
すぐに前がスピードアップして中切れが発生していることに気づき、450Wで踏んで集団復帰。
ふう、危ないε-(´∀`*)、要らん力を使ってしまった。

これで10人くらいに絞られた。
誰だよ、アタックなさそうとか言ってたのは。
そういや前もこんな感じだったよ。

ラスト周回に突入。
前を引いてるわけじゃないのに、ずっと320~350W。
全然緩まない。

一人アタックして集団から5秒くらい飛び出したけど、ジワジワ差が詰まる。
吸収しそうなタイミングでもう一人アタック。
かなりナーバスな雰囲気。

作戦は単純。
最終局面まで集団にくっついていって、ヘアピン曲がってスプリント。
ヘアピン曲がったら、そこからゴールまで大体400m。
最後はやや下っているし、コレまでの経験から言って、早駆けしたほうがいい。

ヘアピンに接近。
周り見てたら、何人かは曲がる前からスプリント開始。
実際はそんな踏み方では曲がれるわけないけど、バーチャルでは曲がれる。

残り距離を睨んでたら、ヘアピン手前で一旦表示が0.3kmになって、また0.4kmに戻った。
ちょうど350m前後で、コーナーを曲がる位置とかでちょっと変わるんだろう。
前に人がいて、ドラフティング効きそうなので一瞬躊躇。
表示が残り300を切ったので、意を決してスプリント開始。
ここまで結構脚を使っていて、眼の前のBランクの人を捲り切れず4位。

勝ったのは、前も負けたことのある、メイド練の方。
レース中ずっとマークしていて、ヘアピン前からスプリントを開始したのも見ていた。
あとからZwift Powerで確認すると、パワーは1~40秒間、PWRでは1~28秒間、ワタシが上。
ヘアピンからゴールまでは大体350m、時間にして30秒ない。
お互い、アイテムは使用していないわけで、ワタシが勝っておかしくない。
ここはヘアピン前から踏まないといけなさそう。

2つ目のレースはLady Liberty Hilly Race。
25kmほどのレースで、獲得標高400mちょっと。
1つ目は獲得標高が全然なかったんで、その分これで。

コースはNY・セントラルパーク。
2kmくらいの実在しない透明な坂がコースに追加されている。
登り始めはスタート2km地点。
2周だから2回。

Lady Libertyとは、自由の女神のこと。
中学の頃、Statue of Libertyって習ったけど、そういう言い方もあるのか。
セントラルパークとの関係は、NYなんだろうか。
コースからは女神像は見えなかった気がするけど、必死で目に入らなかっただけかも。

参加者は最初5人くらいだったので、これは個人TTになりそうと思ってたら、なんだかんだ増えて、結局50人。
とりあえずスタートで踏んてみたら、一人だけ飛び出してしまった。
すぐに登り始まるし、そこでセレクションかかるし、踏む意味はない。
空気読めてなかった。
ワタシもすぐやめて、うしろと合流。

一発目の登り。
想像通り、あっという間に集団はバラバラ。
想像と違っていたのは斜度。
6%くらいの登りが2kmほど続くのかと思ってたら、激坂と平坦が交互にやってくる。

坂で前に置いていかれ、後ろとも離れてしまって、単独走。
前は4人グループで、一踏みで追いつける距離ではなく、徐々に離れていく。

下りはできるだけ、エアロポジション。
いやらしいことに、ちょっとした平坦が挟まっていて、そこで脚を止めていると失速してしまう。

徐々に後ろと距離が縮まりつつある。
早晩、追いつかれるのは間違いないけど、脚は緩めないで280Wくらいを維持。

一周目の終わりで吸収。
5人の8位集団になって、2周目の坂に突入。
Cクラスが先頭を引っ張っていて、Bの人たちがチギれていく。

つか、Cクラスって…。
こっちは4倍以上300Wで踏んでるのに、それでも離される。
5秒差くらいで坂をクリア。
下って、平坦でなんとかこのCクラスをキャッチ。

ふと気づいたら、心拍計が仕事をやめている。
最近ずっとちゃんと動いてたのに。
ったく困ったもんだ。

前でBクラスが一人踏みやめていて、ワタシたちを待っている。
ゴール前、残り3km切って合流。
我々のパックにワザワザ合流してきたので、スプリント対決がお望みってことなんだろう。
よろしい。

このCクラスメン、ワタシが追いついてからも、ずっと前で踏んでて、ほぼ先頭固定。
前を引いた割合でいうと10:1以下かも。
脚を緩めて前に出るよう促して来たりもしない。

折しも全日本男子エリートのラストがアタマをよぎる。
根拠はないけど、スプリントになったら勝てる。
でもツキイチからのスプリントで勝ってしまうのはどうなのか。
ワタシ、Aだし。
でも、Bはスプリントしてきそうな気配。
だまってCに前を譲れば、Bにも先行を許してしまうかも。

ゴチャゴチャ考えた挙げ句、スプリントすることにした。
残り400mから500Wくらいで踏み始め、残り250mを切ってからフルモガキ。
が、このBクラスメン、スプリントしてこなかった。
なんで我々を待ってたんだか、よく分からん。
Cクラスの人もスプリントせず、ワタシだけ一人空回り。
前が一人途中で離脱していて、6位フィニッシュ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsutomu Chonan

Author:Tsutomu Chonan
アラフォーおじさんサイクリスト。
Zwifter

愛車:
TREK DOMANE4.3 (2013)
YONEX CARBONEX HR

戦績:
29. 富士ヒル2019
1:07:09.40 年代別24位

28. 大磯クリテ第6戦
チームTT 2位🥈
エリート 15位

27. 大磯クリテ第5戦
エリート DNF

26. TOKYOエンデューロ 2019 in 彩湖
1hソロ 6位

25. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 9位

24. 大磯クリテ第3戦
エキスパート 2位🥈

23. 大磯クリテ第2戦
チームTT 優勝🥇
エキスパート DNF(落車)

22. 大磯クリテ第1戦
ミディアム 2位🥈

21. 宮ヶ瀬クリテ第1戦
ミディアム 13位

20. 富士ヒル2018
1:10:22.50 年代別52位

19. みんなのタイムトライアルジャパン 3rd stage
セミクラシックTT男子 11位

18. もてぎサイクルマラソン
DNF(落車)

17. 大磯クリテ第3戦
スポーツ2組目 2位🥈

16. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 5位

15. 大磯クリテ第2戦
スポーツ2組目 DNF(落車)

14. はやま南郷ヒルクライムスプリント2017
準々決勝敗退

13. 第12回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 2位🥈

12. ビルクライム2017
55位

11. 秋のしもふさクリテ
ビギナーI 6位
ビギナー決勝ラウンド 15位

10. 富士チャレ2017
ソロ100 33位

9. 第2回Super Cycle Enduro in 下総
3hソロ 11位

8. そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017
ビギナーI 16位
ビギナー決勝ラウンド 22位

7. 宮ヶ瀬クリテ
ビギナー2組目 2位🥈

6. 第11回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 24位

5. 富士ヒル2017
1:17:26.06 年代別171位

4. 第1回 フクアリクリテ
スポーツ 11位

3. 大磯クリテ第6戦
ビギナー2組目 3位🥉

2. はやま南郷ヒルクライムスプリント2016
準々決勝敗退

1. 富士ヒル2016
1:24:13.91 年代別243位