FC2ブログ

記事一覧

20191005 ローラー練

72.50kg。

ひっさびさに超短距離のフラットレースに出てみた。
3R Volcano Circuit Sprint Flat Race。
1分パワーとかスプリントとかに成果の片鱗が見えることを期待して。

このレース、Zwiftに人が少ない時間帯の上、ごく短いレースなので強い人があまり入ってこない。
作戦はなし。
流れ次第。
適当に先頭集団にくっついていって、最後にスプリント勝負したい。
5倍マンとかに逃げられてしまう事態は避けたい。

ワタシがスプリント決着がスキなのは、それがラクだから。
頑張る時間が超短い。
逃げ切れるかわからない不安と戦いながら、限界ギリギリの強度を長時間維持するなんて耐えられない。
ラクして勝ちたい。

先頭集団は7、8人。
レース距離が7kmもないので、あっという間に進み、気づけば残り1km。

もらったアイテムはエアロブースト。
残り400m切って、誰かが羽を使ったところからスプリント開始。
踏み始めちゃってから、エアロブーストをオンにして、も一度全開。
残り100mくらいで先頭に出たので、勝利を確信。

ところが。
ゴール前50m、突然の通信切れ。
どうなることかと思ったけど、そこまでで後続に差をつけていたらしく、あとは慣性で逃げ切って勝利。

Zwiftレース2勝目。
超短距離レースではあるけど、ひさびさに勝てた。

15秒パワーは自己ベストに近い値。
通信切れたときのパワー考えると、もっとイケたかな。
36秒と37秒で自己ベスト更新。

これだけだとあまりに短いので、昼食後にもう1レース。
3R Road To Ruins Hilly Race。

こっちはAがたくさん。
2018年日本ナショナルチャンピオンの名前も。
とにかく2つの坂で先頭集団に残って、最後の平坦で勝負したい。

最初の坂まではかなーりヌルい展開。
最初の坂も特に置いていかれそうにはならなかった。
むしろ前で坂をクリア。

が、登坂が終わって、下り区間に入ってから、スルッと2人に抜け出された。
コレをきっかけに集団が活性化。
ワタシはこの動きを集団が吸収したと思ってたので、状況わからずに混乱。

ここからはひたすらアタックと吸収が続く。
最初の2人はバラけたものの、そのまま集団を引き離していく。
次に2人が抜け出し、そこに1人がブリッジ成功。
1人、1人、3人、ワタシのいる7人グループ、というカタチで一旦落ち着いた。
ナショナルチャンプは意外にも動かず。

2つ目の登りで、一旦落ち着いたはずの集団が再びギクシャクし始める。
チャンプの動きだけに集中。
4倍だとツキイチでもジリジリ離れてしまうので、全然余裕ない。
ギリッギリでただただ耐える。
坂をクリアしさえすれば、あとはスプリントに持ち込める、そうなったら、こっちに分があるはず。
このガマン大会でAとBが1人ずつ脱落。

下りに入ると誰も踏まなくなる。
200Wでも先頭出てしまうレベル。
APとNPが乖離してそう。
踏むときは踏んで、踏まないときは全然。
オンオフはっきり。

残った5人から、スウェーデン人が抜け出したのを吸収したあと、かなりペースが落ちた。
最終局面に向けて、一時休戦。

決定的な動きは、残り3km切ってから。
ボルケーノのフラットサーキットの坂で中国人がアタック。
予想通り動いたな。
間髪入れずに反応、そこから結構踏んだのに、あっさり振り切られてしまった。

ワタシだけが追走すると不利なので、少しゆるめて様子をみたら、誰も行こうとしない。
ダメだ、コイツラ、諦めた。
ワタシも、元チャンプに勝てさえすればいい、と切り替える。

残り1km、しばらくおとなしくしていたスウェーデンが再びアタック。
ロングスパート。
元チャンプ氏、即反応。
ワタシも反応したんだけど、ちょっとの遅れが響いて、一気に車間が開いてしまった。
この差を詰めきれず、最終的に8位でゴール。
着順はどうでもいいけど、勝ちたかった相手に負けたのが無念。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsutomu Chonan

Author:Tsutomu Chonan
アラフォーおじさんサイクリスト。
Zwifter

愛車:
TREK DOMANE4.3 (2013)
YONEX CARBONEX HR

戦績:
29. 富士ヒル2019
1:07:09.40 年代別24位

28. 大磯クリテ第6戦
チームTT 2位🥈
エリート 15位

27. 大磯クリテ第5戦
エリート DNF

26. TOKYOエンデューロ 2019 in 彩湖
1hソロ 6位

25. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 9位

24. 大磯クリテ第3戦
エキスパート 2位🥈

23. 大磯クリテ第2戦
チームTT 優勝🥇
エキスパート DNF(落車)

22. 大磯クリテ第1戦
ミディアム 2位🥈

21. 宮ヶ瀬クリテ第1戦
ミディアム 13位

20. 富士ヒル2018
1:10:22.50 年代別52位

19. みんなのタイムトライアルジャパン 3rd stage
セミクラシックTT男子 11位

18. もてぎサイクルマラソン
DNF(落車)

17. 大磯クリテ第3戦
スポーツ2組目 2位🥈

16. みんなのタイムトライアルジャパン 1st stage
セミクラシックTT男子 5位

15. 大磯クリテ第2戦
スポーツ2組目 DNF(落車)

14. はやま南郷ヒルクライムスプリント2017
準々決勝敗退

13. 第12回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 2位🥈

12. ビルクライム2017
55位

11. 秋のしもふさクリテ
ビギナーI 6位
ビギナー決勝ラウンド 15位

10. 富士チャレ2017
ソロ100 33位

9. 第2回Super Cycle Enduro in 下総
3hソロ 11位

8. そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2017
ビギナーI 16位
ビギナー決勝ラウンド 22位

7. 宮ヶ瀬クリテ
ビギナー2組目 2位🥈

6. 第11回 川崎マリンエンデューロ
2hソロ 24位

5. 富士ヒル2017
1:17:26.06 年代別171位

4. 第1回 フクアリクリテ
スポーツ 11位

3. 大磯クリテ第6戦
ビギナー2組目 3位🥉

2. はやま南郷ヒルクライムスプリント2016
準々決勝敗退

1. 富士ヒル2016
1:24:13.91 年代別243位